• 2016
      中秦興龍産業園プロジェクトの総投資金額50億元で、敷地面積は70.6万平方メートルで、2期に分けて建設されます。1期プロジェクトの投資金額は25億元で、敷地面積は29.7万平方メートルです。1期の重点項目:300万本の高性能、軽量化アルミホイール項目;年産2万トン自動車軽量化シャーシ部品項目。プロジェクト稼動後、年間の産額は26億元増やし、納税金額2.15億元に達し、新たな職場が3000個を増やします。その時中秦興龍工業グループの総産額は60億元に達します。
  • 2015
          2015年工業グループには八つ目の子会社中秦渤海ホイール有限公司が設立された。初めての独資会社として、戦略的な一歩を踏み出した。自社ブランドを中心にアフターマーケットを展開して、新しく、迅速的な発展段階に突進する。
  • 2014

           2014年8月、中秦渤海科技有限公司は年産量200万本の高強度、軽量化アルミホイールの項目が起動された。

           起動後、中秦興龍グループの年間生産能力は1000万本になる。世界で最大規模のアルミホイール製造開発の基地の一つになる。

  • 2013

           2013年7月、戴卡興龍有限公司は年間生産能力180万本の高強度、軽量化アルミホイールの項目が起動された。

  • 2012

           2012年4月8日、グループの第一台のスピニング機械で一本目のスピニング製品を完成した。

          グループには低圧鋳造、フローフォーミング、鍛造の三つの生産工芸を持っているホイール製造会社になる。

  • 2011

           2011年12月26日、中秦興龍工業グループは管理システムを更新するためにERPシステムを導入した。

  • 2010

           2010年10月、中秦興龍工業グループは開発したホイールのバランスと振れ検査ラインが国家知的財産権発明パテントを得た。中秦興龍工業グループの自主的な研究開発は新たな時代が開いた。

  • 2009

            2009年11月、戴卡興龍有限公司と興龍ホイール有限公司は“ハイテク企業”と認定された。

  • 2008

           2008年1月10日、5社から中秦興龍工業グループになった。

  • 2007
          2007年7月6日、興龍ホイール有限公司の第二期項目を完成した。
  • 2006
          2006年3月、鍛造生産ラインが起動された。
  • 2005
           2005年11月、興龍ホイール有限公司の第一工場の建設が起動された。
  • 2004

           2004年2月、鋳造生産ラインの熱処理、機械加工、塗装の生産工程を完成した。

  • 2003
           2003年12月15日20:48分、一本目の鋳造ホイール361-665ができた。